ブログBlog

a-spccをご利用いただいたお客様との出会いや、お仕事の紹介をブログでお届けします。

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事

新着記事

【超簡単!】ホームページにYouTube動画を埋めこもう!

こんにちは!

最近、ホームページにYouTubeに投稿した動画を入れたいんだけど…よくわからないし難しそう… などなどのご相談を多くいただきます。

でも実はホームページにYouTube動画を入れるのってとっても簡単なんです!
弊社のクライアント様であれば管理画面に画像を登録するのと同じくらい簡単にできちゃいます☆

そこで本日は、ホームページにYoutube動画を埋め込む方法をご紹介いたします♪

せっかく作ったホームページ、画像や写真を入れるのもいいけど、動画を入れてもうワンランク派手にしてみてはいかがでしょうか?

@まずは動画を用意する

まずは動画を用意しないことには何も始まりません。
動画が用意できたらYouTubeに投稿しましょう!
投稿はコチラから→Youtube
詳しいYouTubeへの動画投稿方法はYouTubeのヘルプなどをご確認ください。

動画が投稿できたら、まずは下準備は完了です!

AYouTubeから"埋め込みタグ"を取ってくる

タイトルの時点で埋め込みタグって何??となっている方もおられるかと思いますが、取得方法はとっても簡単なのでご安心ください。
ホームページにリンクを貼りたいときはURLをコピーして貼り付けますよね?それと同じようなものと思ってください。

@まずは埋め込みたい動画のYouTubeのページを開いてください。
 動画の右下あたりに共有と書かれたボタンがあるかと思います。そちらをクリックしてください。


Aクリックするとこのようなウィンドウが表示されるかと思います。こちらの一番左の埋め込むをクリックしてください。


B埋め込むをクリックすると、更に下記のような画面が表示されるかと思います。こちらの赤枠部分が埋め込みタグになります。
 全て選択して右クリックでコピーしてください。


これで埋め込みタグの取得は完了です!
動画の埋め込みまであと一息!頑張りましょう。

B動画を埋め込む

ここまでくればあとはもう埋め込みタグを貼り付けるだけ!
動画を入れたい部分に先ほどコピーした埋め込みタグを右クリックで貼り付けましょう。
弊社のクライアント様であれば、テキストが入る管理画面であればどこに貼り付けていただいてもOKです。貼り付けて文章を書いて、いつもの要領で内容を登録してください。
※ブラウザによっては埋め込みタグを入れるとセキュリティ警告が出る場合がございます。管理画面から上手く登録できない場合は別のブラウザからご登録いただくか、弊社にお問い合わせください。

更にちょっとした小技をご紹介。なんと動画の埋め込みサイズも簡単に指定できちゃうんです。

埋め込みタグの中にwidth="560" height="315" (画像赤枠内)という表記があるかと思います。こちらの数字を変更することで表示する動画の大きさを変更することができます。
widthの数字を変更すると横幅が、heightの数字を変更すると縦幅のサイズが変わります。
動画をもっと大きく見せたい!サイトの幅に合わせて小さくしたい!といった場合、数字を変更して調整してみてくださいね。

また、動画をサイトから消したくなった場合は、貼り付けた埋め込みタグを消せば動画も消えるのでご安心くださいね。

以上、YouTube動画の埋め込み方法でした☆
とっても簡単にできちゃうので、動画をお持ちの方は是非試してみてくださいね!

【アクセス解析】直帰率の改善方法【目指せ50%以下!】

<< 前回の記事

アクセス解析シリーズ【直帰率】第2回目は…
「具体的にどこをどうやって改善したらいいの!?」という問題に迫ります。

直帰率って何?という方はこちら

前回、直帰率の基準は「50%以上だとやばい!」という内容でした。
お手元のアクセス解析では、どんな結果でしたか?

「平均は30%くらいだけど、中には50%超えているページもあった」
「平均50%くらい。これ以上悪くならないようにしたい」
「平均80%。これはやばい。」

いろんなパターンがあると思います。ですが、サイト改善って、実は超カンタン!
まずは、この原因を探るため、Googleアナリティクスでチェックしてみましょう。





チェック手順

@まずはGoogleアナリティクスへアクセス。

ホーム画面で、「ユーザーが訪れているページは?」という項目を見てください。
この右下、「ページレポート >」というリンクをクリックします。





Aページ というレポートが生成されました。
 まずは右上の日付を選択しましょう。


計測したい日時を選択します。
「適用」を押すと反映されます。





B下の表で、右から3列目の「直帰率」を見てください。


一番大きく書かれているのが、サイト全体の平均値。さらに、ページごとに直帰率が違うのがわかります。この中で、一番高いページを探して、一番左の列のボタンをクリックします。



このページで「なぜ直帰率が高かったのか?」を推理していこうと思います。



ページ改善のポイント

直帰率が高い原因として考えられることの例を挙げました。
対処方法は色々ありますが、少しヒントです。

@興味が湧くようなサイトでなかった?
 デザインが古くないか?周りの人にも聞いてみましょう。

A興味はあったが途中で読むのをやめてしまった?
 文章を見直してみます。「読むのは疲れる」と思ったら、少し書き直してみましょう。

Bそもそもサイトに興味がなかった?(探していた情報と違うものだった)
 キーワードを見直してみます。意図しないキーワードが引っかかっているかもしれません。

Cリンクは貼れているか?
 すべてのリンクが生きているか、とりあえず押してみる。死んでたら直しましょう。

Dボタンはわかりやすいか?
 これ、ボタンだったの?というようなデザインになっていることも。デザイナーに相談してみましょう。

Eサイト自体が重くないか?
 読み込んだ時に、何秒待たされましたか?その待ち時間、意外とストレスになっているかもしれません。

Fやたら煽っていないか?
 あっちこっちに「今すぐお問い合わせ!」「今すぐ購入!」「資料請求はこちら!」と出ていませんか?あからさますぎるように感じる場合は、少し絞りましょう。

G無意味に目立っているものはないか?
 「動き」が鬱陶しいこともありますよね。本当に目立たせたいポイントは何ですか?

H写真やイラストは適切か?
 イメージと文章の内容が一致していないと、理解してもらえないことも。

I選択肢が多すぎないか?
 選べるものが多すぎると、人は選ぶことすら諦めてしまいます。

色々挙げましたが、実際に見てみれば何のことはなく、すぐに原因がわかってしまうことが多いです。あとは淡々と修正していきましょう。
できれば、直帰率が50%以上あるページは全て修正したいところなのですが、実はしなくてもいいページもあります

・お問い合わせフォーム
・購入完了ページ

このような、「ゴール」になるページは離脱率が高くなるものです。
あまり深く考えないことがポイントですよ♪


まとめ

直帰率の改善で大事なのは、サイト平均ではなく、平均値を上げているページを見ていくことでした。
これの繰り返しで、直帰率の高いページから改善していきましょう。

ただし、「よく見られているページ」の中で「直帰率の高いページ」が優先です。

それでは今回はこのへんで!
またお会いしましょう。



お問い合わせ
C&C株式会社 インターネットコンテンツ事業部
(営業時間 平日10:00〜19:00)

TEL:0120-66-1717
メールフォーム

【直帰率が50%以上のページがあったら要注意】HPをもっと見てもらうために知っておくべき改善ポイント

皆さん、ホームページのアクセス解析ってやっていますか?
身近なものだと、Googleアナリティクスなどの解析ツールを使ってホームページのアクセス数などを解析することができます。
弊社でもクライアント様には毎月のデータを計測しレポートをお送りしております。

ホームページを見てもらうためにアクセス解析は非常に重要です。
アクセス解析にも見るべきポイントがいくつかあり、その中でも今回は”直帰率”について目安や改善ポイントなどお話ししていこうと思います。

そもそも直帰率って何?

ホームページってアクセス数だけ高ければいいと思っていませんか?
アクセス数が多くても、TOPページだけを見てすぐに戻るボタンを押して帰られたのでは、せっかく作ったホームページも意味がありません。

このように、検索などから最初に訪れたページのみを見てサイトから出て行ってしまうことを直帰と呼び、総訪問数の中の直帰したユーザーの割合を、直帰率と言います。



この直帰率を下げることが集客できるホームページへの鍵となってきます。
せっかく作ったホームページなのですから、ちゃんと中身も見てほしいですよね。
では一体どうすれば良いのでしょう?

ところで、直帰率って何%だと高いの?

一口に直帰率を下げると言っても、基準がわからないと、下げるものも下げれませんよね。
タイトルにもありますが、基本的には直帰率が50%以上だと高めということになります。

が、しかし!

直帰率の基準は以下の3つのポイントによって変わってきます。

・サイトで扱っている商材のビジネスモデルBtoCなのかBtoBなのか
・メインの流入キーワード(検索して入ってきたキーワード)ブランドキーワードなのか一般ワードなのか
 例えば弊社サイトであれば商材名の"a-spcc”がブランドキーワード、”ホームページ制作会社”などが一般ワードにあたります。ユーザーが直接商品名を検索して入ってきたか、業種や製品の種類名で検索してサイトに入ってきたかによって変わってきます。
サイトの種類一般サイトなのか広告出稿用などのランディングページなのか

3つのポイントの傾向を下記の表にまとめました。
50%を基準として、表を参考にホームページの直帰率の目標を設定してみてくださいね。



基準を見てみたら自サイトの直帰率が高い!どうしよう!

目安がわかったら次は改善が必要ですよね。
改善するためにはまず、ユーザーがなぜ直帰してしまったのか考えてみましょう。

・興味が湧くようなサイトでなかった
・興味はあったが途中で読むのをやめてしまった
・そもそもサイトに興味がなかった(探していた情報と違うものだった)


…などなど、サイトによって理由は様々ですが、自分が調べ物をする時のことを頭においてみれば改善点が見えてくるのではないでしょうか。


@興味が湧くようなサイトでなかった
→ホームページは人間と同じで第一印象が重要です。見た目がよくなかったり、何のサイトかわかりにくかったりすると興味を持ってもらえません。
まずはページの一番上をわかりやすく目を引くようなビジュアルに変えてみるのも一つかもしれません。


A興味はあったが途中で読むのをやめてしまった
→こちらは逆で第一印象はバッチリでも、ページの下へ行くにつれて文字ばかりでつまらない…などユーザーが途中で飽きてしまったのではないでしょうか。
写真や画像などを入れて飽きさせない工夫をしてみましょう。


Bそもそもサイトに興味がなかった(探していた情報と違うものだった)
→検索したときにお目当てのタイトルだったからクリックしたのに中身が全然違うじゃないか!となってしまえば直帰してしまうのも当然。
今一度ページのタイトルと中身があっているか見直してみるのも良いかもしれません。


以上、ほんの一例ではありますが改善のポイントをいくつか挙げてみました。
改善するために必要なことはユーザーの目線に立って考えることです。
ほんの些細なことでも日々改善していくことで自ずと直帰率も下がってくるはずです。

今一度、ご自身のホームページを見直してみてくださいね。

改善点が見つけられない…
改善点が見つかったけどどうすればいいかわからない…
改善点を探して欲しい…


とお困りのお客様は、弊社でもホームページ改善のご提案やお手伝いをさせていただいております。
直帰率を下げたい!というお客様は是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから >

C&C株式会社 インターネットコンテンツ事業部
フリーコール:0120-66-1717
受付時間:平日10:00〜19:00

Mail:info★a-spcc.jp (★を@に変えてください)

▲ページトップに戻る